テクノプラザテクノプラザ
テクノプラザについて

テクノプラザとは

 テクノプラザは、VR技術やロボット技術など科学技術に関する各研究開発機能が集積する研究開発拠点であり、「IT」と「ものづくり」の融合による産業の高度化・情報化・及び新産業の創出をめざしています。
テクノプラザは、テクノプラザ内に情報提供や人材育成・研究開発支援機能をもたせる地域産業の高度化を推進する中核拠点として整備された施設です。
当施設は、県有施設である岐阜県科学技術振興センターと第三セクターの株式会社VRテクノセンターから成る合築施設となっています。

設計コンセプト

 自然環境と先端技術の融合(エコロジーとテクノロジーのハーモニー)

 丘陵地である地形・景観を分析し、眺望の確保、外からの施設の合理的な導線計画等敷地の持つ可能性を生かした設計が図られています。
 北棟(科学技術振興センタービル)は、地形に沿ったV字状の平面を構成しており、眺望、採光、換気に十分配慮し快適な空間を造りだしています。
 また、南棟(VRテクノセンタービル)は、敷地南側斜面を生かして3層(各1階)で階段状に配置され、エントランスは自然光にあふれる設計となっています。



設計(建築士)

 リチャード・ロジャース・パートナーズシップ・ジャパン

 代表であるリチャード・ロジャース氏は、イギリスを中心に国際的な活動を続けるイタリア生まれの建築家です。代表作にパリのポンピドゥ・センター(1977年開館)があります。



テクノプラザ概要

■所在地:岐阜県各務原テクノプラザ1丁目1番地
■敷地面積:23,675㎡
■延床面積:11,463㎡
   北棟(4階~5階)岐阜県科学技術振興センター
   南棟(1階~3階)株式会社 VRテクノセンター
■建物完成:平成10年7月
■一般共用開始:平成11年2月